悪質な出会い系サイトの見分け方

出会い系サイトの重要なポイントとは

悪質なサイトを見分けるポイントとは?

無料出会い系サイトに限ったことではないのですが、中には悪質なものもあります。一般的なネガティブなイメージというのは、こういった悪質なものによるものと考えていいでしょう。

 

もっと言うと、悪質なサイトのせいで優良なサイトまでもが風評被害に遭っているのです。ただ、悪質ながあることも事実として受け入れなければいけません。

 

悪質なサイトがあるということを事実として受け入れるだけではなく、これから利用していくのであればそういった悪質なところを避けていかなければいけないのです。では、どのような形で悪質なサイトを見分けていけばいいのでしょうか?

 

悪質なサイトを見分ける際には、いくつかのポイントがあります。例えば、以下のようなものです。

 

  • 年齢認証などがない
  • 会社概要や特定商取引法の記載がない
  • 退会できない

 

上記のようなポイントを押さえた上で、悪質な無料出会い系サイトを避けていきましょう。それぞれのポイントについて次で詳細を解説していきたいと思います。

 

年齢認証などがない

悪質なサイトの見分け方として、ひとつのポイントとなってくるのが年齢認証などの有無です。というのも、通常であれば誰かれ構わずに登録できるようなものではないのです。

 

基本的に優良なサイトであれば、年齢認証などをおこなっています。というのも、出会いの場においては年齢を詐称して悪事を働こうとするユーザーがどうしても集まってきやすいのです。

 

例えばの話ですが、未成年であるのにもかかわらず成人していると嘘をつき、男性と関係を持って、その後で男性をゆするといったケースもあります。実際に、成人していると思っていた女性が未成年で男性が罪に問われるといった可能性はゼロではないのです。

 

年齢認証などをおこなっていないという時点で、その出会い系サイトはかなりのリスクが伴います。悪質なサイトであれば、最初からそれが目的で年齢認証などをおこなっていないという可能性もあるでしょう。

 

悪質なサイトというのは、基本的に登録してくれるのであれば誰でもいいのです。だからこそ、年齢認証などをおこなう必要がないとも言えます。

 

もともと、お互いがどこの誰とも知らない状態で知り合うことになります。だからこそ、そこで最低限の年齢認証などが必要になってくるのです。

 

優良なサイトであれば出会いを提供する場としての責任がありますので、年齢認証などを徹底しておこなっているものです。しかしながら、悪質なサイトであれば責任などは感じていないでしょうし、登録するユーザーというのはただの金蔓でしかないのです。

 

無料サイトであっても、年齢認証などをおこなっていないところは悪質と考えていいでしょう。年齢認証などをおこなっていないということは登録してくれるなら誰でもいいと言っているようなものなのです。

 

会社概要や特定商取引法の記載がない

悪質なサイトの場合、会社概要や特定商取引法の記載がないことが多いようです。実際に大手で優良なサイトとして知られているところには、必ずと言っていいほど会社概要や特定商取引法の記載があります。

 

ただ、会社概要に関しては会社に関する情報が記載されていればそれでいいというわけではありません。というのも、記載があってもそれが虚偽のものである可能性もあるのです。

 

悪質なサイトに記載されている会社の住所が架空のものであった、そもそも会社が存在しないといったケースは実際にあるのです。おそらくほとんどの方が会社概要があるという時点で安心してしまうかもしれませんが、そこに記載されている情報が本当なのかどうかを確認しないことには安心できないのです。

 

ちなみに、悪質な無料出会い系サイトにおいては会社概要の情報がコロコロ変わるということもあるようです。というのは、いざ責任を追及されたときにその責任から逃れるために、どうにかして本当の情報を知られないようにしているものなのです。

 

退会できない

出会い系サイトに限ったことではないのですが、基本的に何かしらのサービスに登録したのであれば当たり前に退会ができるようになっているものです。しかしながら、悪質なサイトにおいては退会ができないようになっていることもあります。

 

利用規約などでも退会について一切記載がないということもありますし、退会するためのフォームなどが用意されていないということもあります。退会するためのフォームなどがないからといって直接問い合わせをすると、「退会するには○○円の違約金が発生します」と言われてしまうといったケースもあります。

 

基本的にどのようなサービスにおいても退会というのはユーザーの自由です。その自由を奪っているという時点で、悪質だと判断していいでしょう。

 

退会するためのフォームなどがなく、利用規約などでも退会に一切触れていないといった明らかにユーザーを退会させないような仕様になっているサイトは悪質と見ていいのです。

 

悪質なサイトに登録してしまうと大変なことになる

悪質な無料出会い系サイトの見分け方についてご紹介しましたが、うっかり悪質なサイトに登録してしまうと本当に大変なことになります。具体的にどのようなことになるのかを最後にご紹介しておきたいと思います。

 

まず挙げられるのが悪質なサイトに登録したと同時に、他のサイトにも登録されてしまうということです。登録したら登録したサイト以外からも次々とメールが来るようになったという話はよく見聞きするものですが、これはまさに悪質なサイトに登録してしまったときの典型的なパターンです。

 

また、先でも触れましたが、退会できないというパターンもよくあります。悪質な出会い系サイトに登録した後でいろいろなサイトからメールが届くようになり、慌てて退会しようとしても退会ができないのです。

 

退会するためのフォームなどが用意されていないからと直接問い合わせてみると、「退会するには違約金として○○円必要になる」といった展開も十分にあり得ます。言われるままに振り込んでしまうと、思うツボです。

 

あとは、ほぼ確実に出会えません。悪質なユーザーというのは、純粋にお相手を求めているユーザーではありません。

 

悪質な采井者の息のかかっているユーザーであることがほとんどですので、実際に会うというところまではいかないでしょう。やり取りでいい感じになっていたとしても、絶対に会うことはできませんし、下手すれば相手から金品を要求されるようなこともあるかもしれません。

 

本当に何のメリットもない存在なのです。


トップへ戻る