出会い系サイトを使って山形県で本当に出会えた成功体験談

出会い系サイトを使って山形県で出会えた成功体験

元カノが海嫌いで破局

もともと自分は海が大好きです。海で泳ぐのも好きですし、テレビなどで海の生き物などを見るのも好きです。

 

ただ、元カノは大の海嫌いでした。元カノと自分はいわゆる幼馴染のようなもので、小さい頃には自分の家族と元カノの家族で海や山に行っていました。

 

確か小学校の頃だったと思うのですが、元カノが海で溺れかけたことがあります。それから元カノは海を嫌うようになり、遊びに行くのも山ばかりになりました。

 

もちろん、怖い思いをしたのですから克服しろとは思いませんでしたし、海を嫌いになってしまうのも仕方がないと思います。ただ、海が大好きな自分としては海に行く機会が減ってしまったのは残念でした。

 

幼馴染ということで一緒にいる時間も多かったですし、自然と付き合うようになって両家も自分と元カノが結婚するものと思っていました。ですが、同棲することになって元カノが自分の荷物から勝手に海に関するものを捨ててしまったのです。

 

その中には自分にとっての宝物もあり、大喧嘩になりました。最初は両家もやり直す方向で考えてほしいと言っていたのですが、喧嘩の理由を知ると元カノのご両親のほうが「許せないのも仕方がない」と引き下がり、弁償できる分だけ弁償してくれました。

 

そこからはお互いに関わっていません。まさかネットでネタにされているようなことが自分に起こるとは思っておらず、しばらくは抜け殻のような状態でした。

 

友達が教えてくれた出会い系サイトLove Pine

抜け殻のような自分を見かねて、友達が出会い系サイトを教えてくれました。誰かを紹介してくれたり合コンに誘ったりしてくれたのですが、そのときは動く気力がありませんでした。

 

友達に言われるがままに出会い系サイトLove Pineに登録し、ほとんど暇つぶし感覚で使っていました。当時は本当にそれくらいしかすることがなかったと言っても過言ではありません。

 

ただただ女性のプロフィールを眺める日々

自分のプロフィールは簡素なものでしたが、それでもメッセージは結構来ました。「これがサクラか……」と思いながら、女性のプロフィールを眺めていました。

 

何となく自分の近くにどんな女性がいるのかを調べてみたくて、検索機能を使ってみると思っている以上の数の女性がヒットしました。「海」というキーワードでもかなりの女性がヒットしたのですが、その中にひとり気になる女性がいました。

 

クラゲの話で大盛り上がり

気になる女性というのが、どことなく元カノに似ている女性でした。プロフィールを見てみると、元カノとは真逆で海大好き人間でした。

 

特にクラゲが好きなようで、クラゲについてかなりの熱意が感じられました。自分が一番好きな海の生きものはウミウシなのですが、クラゲにもそこそこ詳しかったので何となくメッセージを送ってみました。

 

すると、「クラゲについて触れてくれた人初めてです!」とかなりテンション高めの返信が来ました。そこからクラゲ談議に花を咲かせるようになり、彼女のほうから「会いましょう!」と誘われました。

 

鶴岡市立加茂水族館で初デート

山形県の鶴岡市にはクラゲ水族館として有名な鶴岡市立加茂水族館があります。彼女との初デートは鶴岡市立加茂水族館でした。

 

もともと興味はあったのですが行けてない場所で、万が一彼女との仲がうまくいかなくてもそれでいいやと思っていたのですが、ふたりしてかなり感動してしまいました。お互いに初対面であることを忘れて、「すごくない!?」「めちゃくちゃ綺麗じゃない!?」と盛り上がりました。

 

ちなみに、実際に会った彼女は元カノに似ていましたが、元カノよりもキリっとした感じでした。ちょっとだけ柴咲コウが入っているかなという印象です。

 

クラゲについて熱を入れて話している彼女を見ていると、何となく癒されました。彼女がたくさん話して、自分が聞き役というのがとても心地よかったのです。

 

その後も海に行ったり、水族館に行ったりと海好きらしいデートを重ねていきました。

 

告白されて無事付き合うことに

3回目のデートの頃には、自分もかなり回復していました。彼女とデートすると大好きな海に関して遠慮せずに済みますし、パワフルな彼女からエネルギーをチャージできるような感じがありました。

 

4回目のデートで元カノの話をすると、「私なら大丈夫だよ!」と逆に告白されてしまいました。自分から告白するつもりだったのですが、先に彼女から告白されてしまい嬉しいようなちょっと残念なような感じでした。

 

彼女は自分に無理強いすることはありませんし、恋人としてお互いにいい距離感を保てていると思います。友達や家族にはかなりの心配をかけてしまったので、そろそろいい報告ができるといいなと思っています。

 

彼女とも結婚の話が出ているので、そう遠くないうちにいい報告ができるかもしれません。今の彼女を全力で幸せにしたいです。


トップへ戻る