出会い系サイトを使って大阪府で本当に出会えた成功体験談

出会い系サイトを使って大阪府で出会えた成功体験

いつも女性とは友達で終わってしまう

自分は人から「人畜無害」と言われるようなタイプです。人との揉め事は嫌だったのでとにかく人間関係では揉めないように気を使ってきましたし、だからこそ人間関係で悩むようなことはほとんどありませんでした。

 

ただ、女性との関係だけは悩みが尽きませんでした。というのも、どれだけいい感じになっても絶対に友達で終わってしまうのです。

 

周りの友達も応援してくれるのですが、毎回悲しい報告をすることになります。「今回は絶対にいけると思ったのに、またダメだったの!?」と言われたことは数えきれません。

 

周りの誰もが「これはいける!」というような状況でも、女性からは友達以上に見てもらえないのです。一度仲のいい友達同士でなぜ自分に彼女ができないのかを会議したのですが、誰も何が悪いのかわからないといった感じでした。

 

自分でもいろいろと自己分析をしてみましたし、アプローチの仕方を変えるといったことも試してみたのですが、それでもダメでした。ただ、だからこそ、一度くらいは彼女がほしいという気持ちがどんどん強くなっていったのです。

 

最終的に出会い系サイトキラ☆メールへたどり着く

「またダメでした」という報告をするたびに、自分以上に周りの人が残念がるのでもう誰かに紹介してもらうというのは厳しいかなと思っていました。気まずくなってしまうのもありますが、それ以上に周りに罪悪感を抱かせるのが嫌でした。

 

モテるためのセミナーや街コンなど少しでもプラスになりそうなものにも積極的に参加していたのですが、そこで何かを得られるということもありませんでした。自分としてはもうやり尽くしたかなと考えていたのですが、ふと出会い系サイトを試していないことを思い出しました。

 

当時、自分の中で出会い系サイトというのはあまりいい印象のものではありませんでした。だからこそ、使わずに済むのであれば使わずにいられればと思っていたのですが、せっかくなら思いつく限りのことを試してみようと出会い系サイトに登録しました。

 

いろいろな出会い系サイトがあるのは知っていたのですが、思っている以上に数が増えていることに驚きました。その中でも何となくクリーンなイメージを抱いた出会い系サイトキラ☆メールを利用することに決めたのです。

 

片っ端から女性に声をかけまくる

出会い系サイトだからこそ積極的になれたという部分もあるのかもしれませんが、出会い系サイトキラ☆メールに登録してからは片っ端から女性に声をかけまくりました。もちろん、地域や年齢での絞り込みはしましたが、ほとんど無差別といっていいような状態でした。

 

ろくにプロフィールの情報を確認しないままメッセージを送っていたこともありますし、今考えるとかなり失礼なことをしていたと思います。ただ、それだけ自分の中で焦りが爆発してしまったのかもしれません。

 

そんな中でも、唯一まともに返信をくれた女性がいました。必然的にその女性とのやり取りを始めることになりました。

 

何でもない雑談が毎日続くように

プロフィールもろくに確認していなかったのですが、それでも何となくその女性とは話が合うような感じがしました。自分がメッセージを送れば、絶対に返信をくれましたし、その返信もほとんどリアルタイムでした。

 

今日は何をした、今日は何を食べたといった本当に何でもない雑談をするようになり、それが毎日続くようになりました。1週間くらい経過した頃に、自分のほうから会うことを提案し、無事OKしてもらうことができました。

 

梅田スカイビルの空中庭園展望台で初デート

大阪府大阪市にある梅田スカイビルは有名かと思いますが、初デートはこの梅田スカイビルの空中庭園展望台でした。有名なデートスポットでもありますし、実際にカップルが多いので意識してもらえるかなと思ったのです。

 

一緒に梅田スカイビルの空中庭園展望台から眺めた夜景はとても綺麗で、相手の女性に男として意識してもらう以前に普通に感動してしまいました。ちなみに、相手の女性は綾瀬はるか系の美人でした。

 

初デートで嫌だなと思うようなところはひとつもありませんでしたし、むしろ気遣いのできる完璧な女性という印象でした。自分にとってはレベルが高いというか分不相応なので、次のデートにはつながらないだろうなと思っていました。

 

その後もやり取りが続き、晴れて付き合うことに

初デートで終わりだと思っていたのですが、その後も女性のほうからメッセージやメールをくれました。しかも、2回目のデートに至っては女性のほうから誘ってくれたのです。

 

彼女から誘ったり自分から誘ったりという感じでデートを重ね、たぶん5回目か6回目あたりのデートで付き合うことになりました。自分がものすごく恐る恐る探りをいれたのですが、彼女があっさり「じゃあ付き合いましょう」と言ってくれたのです。

 

もちろん、今でも彼女とのお付き合いは続いています。


トップへ戻る