出会い系サイトを使って鹿児島県で本当に出会えた成功体験談

出会い系サイトを使って鹿児島県で出会えた成功体験

友達が美女を連れてきて……

自分は本当に冴えない男です。今まで生きてきて、「冴えないね」と何度も何度も言われていました。

 

自分なりに頑張っているのですが、それでも冴えない男を卒業することができませんでした。そして、冴えない男の周りには冴えない男が集まってくるものです。

 

この冴えない男同士で傷をなめ合うというのが定番になっていたのですが、ある日、冴えない男だったはずの仲間が美女を連れてきたのです。美女過ぎて思考が停止してしまうくらいだったのですが、なんとその美女が人生初の彼女だと言うのです。

 

そのときは口にしませんでしたが、絶対に騙されていると思いました。ただ、話を聞くと何でもその美女が痴漢されているのを見つけ、犯人を捕まえたのだそうです。

 

そこからやり取りするようになり、付き合うようになったというまるで小説やドラマのような話でした。それと同時に、それだけの男気があれば納得だなと思いました。

 

普通の人なら自分も男気ある男を目指すという展開になるのでしょうが、自分は違いました。自分は「一度だけでいいから美女と付き合ってみたい」と思ったのです。

 

今考えても本当に自分は男としてダメダメだと思います。ただ、当時はこれがモチベーションとなって出会いを探すようになります。

 

なんだかんだで出会い系サイトへたどり着く

今の時代、出会いの場というのは山ほどあります。合コンや街コンに加えて、恋活や婚活系のイベントもたくさんあります。

 

オフ会だってあるでしょう。ただ、これらの出会いの場というのは自分のような冴えない男にとっては思っている以上にハードルの高いものなのです。

 

いきなり女性と対面するという時点で難しいのです。メールなりなんなりでワンクッション入れておかないと、どうにもなりません。

 

そうなってくると冴えない自分にとっては、出会い系サイトという選択肢しかありませんでした。出会い系サイト自体は昔ちょっとだけ使っていたので、まったく抵抗はありませんでした。

 

ですが、久々に出会い系サイトをチェックしてみると数も増えていましたし、何よりも使いやすく進化している感じがしてビックリしました。とりあえずは、昔使っていた出会い系サイトに似ている出会い系サイトLove Pineに登録しました。

 

とにかく美女を探す

出会い系サイトLove Pineに登録してからは、とにかく美女を探しました。検索機能は充実していたものの、自分にとってはエリアさえ絞り込めればOKでした。

 

エリアで絞り込んだらあとは、とにかくプロフィールの画像をチェックしまくりました。思っている以上に女性のレベルは高く、目移りしてしまったのですがその中にドンピシャの好みの女性がいました。

 

メッセージを送ってみたところ、返事は来たもののそっけない感じでした。ですが、これが逆にそそるというか、余計に「この人だ!」と思ってしまいました。

 

とりあえずやり取りを続けることに

女性の返事はそっけないものでしたが、自分がメッセージを送れば必ず返事はくれました。差し当たりないことを尋ねれば答えてくれるし、とりあえずやり取りをすれば相手の女性のことはいろいろわかるという感じでした。

 

そういうやり取りが何日も続いたので、いけるかなと思い、「会いましょう」と言ってみました。意外なことに女性はすんなりとOKしてくれて、すぐに会うことになったのです。

 

初デートは知林ヶ島

相手の女性にとってはデートなのかわかりませんが、自分にとっては初めてのデートです。「これを逃したらもう一生美女とデートなんてできない!」と思い、ベタに知林ヶ島でデートすることにしました。

 

ご存知の人も多いでしょうが、知林ヶ島は鹿児島県の指宿市にある有名なデートスポットです。実際に、当日もカップルがわんさかいました。

 

待ち合わせ場所にやってきたのは、早見あかり系の美人でした。クールな印象で、しびれました。

 

口数も少なく、何を考えているのかわからないようなところもあったのですが、とりあえず不快な思いをさせないように、至れり尽くせりで頑張りました。何よりも一緒にデートスポットに行ってくれただけでもありがたかったです。

 

ダメ元で告白したらまさかのOK

その後も、自分がメッセージを送れば返事をくれましすし、デートに誘えばOKしてくれるという状態が続きました。「もしかしてこれはいけるのでは?」と思うようになっていたのですが、念には念を入れて10回目のデートで告白をしました。

 

半分ダメ元だったのですが、まさかのOKをもらうことができました。理由を聞いてみると、今までの男性の中で一番尽くしてくれるからということでした。

 

ちなみに、今でもその彼女と付き合っていますし、めちゃくちゃ尽くしています。でも美人な彼女ですし、いろいろな表情を見せてくれるようになったので尽くすこともまったく苦ではありませんし、むしろそれが幸せです。


トップへ戻る