出会い系サイトを使って青森県で本当に出会えた成功体験談

出会い系サイトを使って青森県で出会えた成功体験

女性と縁のないまま社会人に……

自分は中学校から男子校でした。中学時代と高校時代を男子校で過ごしました。

 

中学時代や高校時代のクラスメイトは当時から出会いに貪欲というか、女子に興味津々でした。紹介してもらったり、文化祭などで声をかけたりと積極的にアプローチしていたように思います。

 

その一方で、自分は部活に没頭していました。女子に興味がないわけではないのですが、部活をやっているときが一番楽しかったです。

 

もちろん、彼女がいる部活仲間もいましたし、そういう部活仲間ののろけを聞くようなこともありました。うらやましいと思うことがなかったわけではないのですが、だからといって自分も彼女を作ろうとは思いませんでした。

 

高校卒業後、大学に進学しましたが、大学でも女性とどうこうということはありませんでした。もちろん、女子大生はいたのですが、数が少なかったですし、その数少ない女子大生にもすでに彼氏がいるという感じでした。

 

女性とはそれこそ顔見知り程度の距離感で接していました。一向に恋愛のチャンスがないので多少の焦りはありましたが、社会人になればどうにかなると思っていました。

 

ただ、いざ社会人になってみても何も変わることはありませんでした。職場には女性もいますが、本当に仕事だけの付き合いという感じです。

 

職場内での恋愛や結婚、かつての同級生たちの結婚ラッシュなどもあり、本格的に焦るようになりました。

 

紆余曲折を経て出会い系サイトキラ☆メールへたどり着く

友達に女性を紹介してもらったり、合コンに参加させてもらったりしたのですが、それまでの恋愛経験のなさが響いているのか女性との関係というのはまったく発展しませんでした。チャンスをものにできない自分に周りもどうしたらいいのかわからないという雰囲気になってきたため、自力で頑張ることにしました。

 

その結果、出会い系サイトを使うことにしました。抵抗がまったくなかったわけではないのですが、自分にはもうこれしかないと思いました。

 

いろいろな出会い系サイトをチェックしてみて、一番使いやすいと感じた出会い系サイトキラ☆メールで出会いを探すことにしました。思っている以上に女性が多く、使い始めの頃はかなり興奮したことを覚えています。

 

検索機能をフル活用して女性を絞り込む

青森県だけでもかなりの数の女性がいるので、検索機能をフル活用しました。年齢はもちろんなのですが、自分にとっては好きなものが同じという部分が重要でした。

 

自分は雑貨が好きで、雑貨屋さん巡りをよくしていました。同じように雑貨が好きで、ふたりで雑貨屋さんを見て回れるような女性がいいなと思っていたのです。

 

雑貨でもかなりの女性がヒットしたのですが、その中で惹かれる女性がいたのでその女性にアプローチをしてみました。メッセージなどでのやり取りは問題がなく、楽しむことができました。

 

毎日のやり取りが当たり前に

やり取りが続かなくなったら次の女性を探そうと思っていたのですが、思った以上にやり取りを続けることができました。気づいたら毎日やり取りをするのが当たり前になっていて、会ってみたいと思うようになりました。

 

それとなく相手の女性に聞いてみると、感触は悪くありませんでした。そこから思い切って「会って話してみませんか?」と誘い、無事OKをもらうことができました。

 

青森市のカトルカフェで初デート

青森駅から歩いて10分ほどのところにカトルカフェという有名なカフェがあるのですが、初デートの待ち合わせ場所はこのカトルカフェにしました。というのも、このカフェは雑貨も楽しめるのです。

 

カトルカフェで待ち合わせてそのままそこでお茶をしました。女性は文学少女のような感じで、ほんの少し蒼井優に似ているかなという印象でした。

 

メッセージなどでのやり取りのときと比べるとハキハキした感じで、とても好感が持てました。逆に自分のほうがモジモジしてしまったかもしれません。

 

カトルカフェでお茶をした後には一緒にブラブラしながら雑貨屋さんを見て回りました。途中で帰ってしまったらどうしようと思っていたのですが、そんなことはなく、次のデートの約束まで取り付けることができました。

 

3回目のデートで告白!

3回目のデートのときに思い切って告白したのですが、彼女は笑顔で受け入れてくれました。自分が告白する気配がなかったら、彼女のほうから3回目のデートで告白しようと思っていたそうです。

 

恋愛経験もなく不器用な自分ですが、そんなところも好きと言ってくれる彼女にメロメロです。喧嘩もないですし、どちらかというと自分が彼女の尻に敷かれている感じなのですが、それが心地よいと思っています。

 

彼女がどう思っているのかはわかりませんが、自分はこのまま結婚できればなと思っています。ただ、最近結婚の話が出るようになっているので、彼女ももしかしたら結婚を考えてくれているのかもしれません。


トップへ戻る